静岡県磐田市の路上

疲れすぎて私がへたり込んでいると

金網の向こうから

老女がメロンを持ってやってきたのだ

一万キロ走っても

けちな自分はけちな自分だ

三日会わないうちに

目覚ましいような変化を遂げて

マルコは兄に再会しただろうか

励ましの言葉などない

薬局の話

タンカーみたいな優しさに

出会って私は踏んづけられた

めくった裏の貝殻に

青空は果てしない

尻をはたいて

また私も沃野にくり出そう

匙は

これでもかと大ぶりだった

小さい皿に

小さい匙で

小さい口へ

小さい果実を

なんて、そう

まっぴら御免だ

ある日を人と切り分けるとき