ピラミッドの奥の奥

ミイラが仰ぐ五千年の星々

王様も生け贄も

死んでしまえば同じこと

星を慕うに

生前は関係なかった

北海道標茶町

草の上に寝っ転がって

星を浴びている

エジプトが身近だ

ファラオは私だ

昼間はおにぎりを考えていたのに

川が氾濫しているが

誰も何も怒ってもいない

樹々は犬の鼻歌をうたい

土と草は何かの愉快な企みのなかにいる

私だけがしんしんと

私だけが囚われの身だ

待ち受ける悲喜劇は

これより色彩をまとってゆくのだ

何を達成しようというのか

こんなにも私を焚きつけることで

あまのじゃく