始業5分前。持ち場へ向かうため階段を駆け下りる。

不意に、前を行くおじさんが振り返って、ルマンドを1本くれた。この人は言葉少なだが、私を見るといつも何かを投げかけたくなるようなのだ。