夜毎、寝室の窓から爽やかな風が入る。

通りの向こうの空き地に鈴虫の国がある。そこから、来ている。

吉野弘の詩は、人間味と優しさの賛歌だ。

今日も、人を、心から褒めたいと思う。