大人になると自動的に「与えられる」参政権。しかし100年前には一定の税金を納めた男子にのみ、それは認められていた。女性にも認められたのは、それはもう、戦後のことだ。

自分の国の統治に対して、権利も無く、責任も負ってないという時期が歴史のほとんどである。

今はそうではない。先人の苦労と、幸福について考える。キンモクセイの香る家のさき50メートル、投票所に行く。